恋愛・結婚成功テクニック大辞典

明日からすぐに使える恋愛・結婚に役立つ情報、テクニックや体験談をご紹介します。

恋愛に対しての疑心暗鬼を受け止めることで道は開ける!?

交際が始まってからの問題と言うのは…どんなに相手が誠意を見せても、どんなに相手が愛情表現してくれても…“信用できない”心が芽生えてしまう“疑心暗鬼に飲み込まれてしまう方々”が急増していると言うのです!

「昨日は友達と遊んでいた」「昨夜は会社の先輩と飲み会だった」…ほんの少しでも自分がいない時の行動に不安を抱き、それが事実であったとしても「本当に友達だったのか?」「会社の先輩って…異性じゃないよね?」など、1つ1つ卑屈にとらえてしまうことを抑えられないという、何とも厄介な精神状態の人が年々増えているそうです。

人間生活をして社会に身を投じているものであれば、少なからず人間関係を繋いでいく必要があります。…分かりやすく言えば生きる為のコミュニケーションですね。そのコミュニケーションですら毎回疑われているようでは…せっかく愛し合った者同士が結ばれていたとしても…結ばれた赤い糸はいとも簡単にほつれて取れてしまうことでしょう。疑ってもキリがありません。どうせ一緒にいたいと思うなら、下手に疑うよりも…若干無理してでも“信じる”ことに力を入れた方がよっぽど楽しい付き合いを出来るのではないでしょうか?

疑心暗鬼は魔物です!妖怪です!一度捕まったらなかなか抜け出せない暗黒の闇です!別れるつもりであるならば、大いに疑ってください。…でも、別れるつもりもないなら…一緒にいる時間は同じなのですから、ここは腹をくくって信じることにかけて…楽しい時間にしてしまう方がきっと得策であると思います。

しかし、過去に酷い恋愛をしてしまった方は…好きな人への気持ちはあるにも関わらず、その反面で「この人は大丈夫か?私を傷付けないか?」と、心の奥底で様子をうかがってしまうことがどうしてもやめられない…と言う方もたくさんいらっしゃいます。これも事実です。そこを無理に切り替えようとしても…そうそう出来ることでもないですよね。


スポンサーリンク


浮気をされた、お金をだまし取られた、結婚しているのを隠されていた等々…ざっと悲しい恋愛について例をあげてみましたが、どのケースも別れ話がどんな辛い状態だったのか想像がつくほどにきつい恋愛事情です。皆さんの中でも、未だに痛みの消えない恋愛を背負ってしまっている方は…決して少なくないのではないかと思います。

私もこのような痛みは散々経験したこともありますので、今でも消えない痛みを抱えてしまわれている方の気持ち…少しくらいは理解できると思います。私の周りでも恋愛で受けた痛みを抱えながら生きている人はまだまだたくさんいますからね。恋愛の傷は、周りがどんなに励ましても気遣っても…そうしようもないことです。

この傷を癒すには…長い時間が必要ですし、解決できるのは時間しかありませんから…。もちろん、これは私の勝手な価値観であるので、受け入れられないのであれば無理に受け入れる必要もありませんが、自分から変わりたいと思った時…人は生きながらにして何度でも生まれ変われるものです!生まれ変わった人生には新しい出会いがたくさん待っています!

過去は過去、未来は未来です。過去の恋愛に引きずられてこの先の恋愛を失ってしまったり、面白くないものにしてしまうのは…もったいないと思います。もし、皆さんの中に、過去の恋愛のせいで、どうしても恋愛に対して疑心暗鬼になってしまう方がいらっしゃいましたら…時間がかかっても、幸せな恋愛は必ずくると信じて、明るく前を向いた恋愛ができるよう…心から応援していますよ!

 - 恋愛

スポンサーリンク


恋愛・結婚・復縁マニュアル人気ランキング
★[女性用]逆転恋愛成功プログラム~彼女持ち男性が“彼女ではなくあなた”を選んでくれる魔法のノウハウ~

★[女性用]TRUE LOVE ACADEMY~運命の男性との出会い愛される、あなたも幸せになりませんか?~

通院先の医師と交際する方法!

1年でお医者さんと結婚するための極秘成功テクニック!

出会いスポット別女性攻略術~彼女いない歴イコール年齢の中年男性でも 無理なく実践できる彼女の作り方~

■魔女の条件■愛する人の心を思いのままに操る方法。これを知れば男ゴコロを虜にできる! 数え切れないほどのイイ男を狂わせてきたモテ女王”藤咲あやか”の魔性の女育成講座

●他サイト人気記事



  この記事を読んだ方は以下記事も読んでいます。




恋愛に対しての疑心暗鬼を受け止めることで道は開ける!?

明日からすぐに使える恋愛・結婚に役立つ情報、テクニックや体験談をご紹介します。

Copyright© 恋愛・結婚成功テクニック大辞典 , 2016 All Rights Reserved.